美容室側の工夫が見えます

サービスというよりは心遣い?

施術が長い場合にお手洗いに行きたくても、美容師さんが忙しそうでなかなか声が掛けられない、シャンプー台で顔にかけたガーゼがズレてしまって気まずいなど、美容師さんから声をかけてくれると助かるのに…、という時、ありますよね。
サービスとまでは言わないけれど、そうしたちょっとした気遣いも大切です。
頭が動かせないのですから、自分でフォローできないことも多い施術中は、スタッフさんが細かいところまで気付いてくれると、快適に過ごすことができますよね。
施術に気を取られて、切った髪の毛が顔にくっついていても気づかない、気づいていても対応してくれない、といった悲しい経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。
リピートしたくなるのは、こういった些細な事が結構大事だったりします。

有料のサービス

身だしなみやおしゃれを意識して美容室に行くわけですから、他の部分も一緒にお手入れできれば、それぞれのパーツのためにあちこち行く必要がなく、一度に終わらせることができます。
もちろん有料になりますが、ネイリストがいたり、まつ毛のエクステができたりするところもあります。
まゆ毛を整えたり、理容師さんもいて、産毛のケアをしてくれたり。
美容室という名では想像しないサービスを提供してくれて、至れり尽くせりですね。
美容室は髪の事だけではなく、お客様の美しさをトータルに提案していく、というコンセプトに変化しています。
いずれにしてもサービスの質や値段については、自分に合ったもの、好みのものを選んで上手に活用していきたいですね。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ